おもちのはらぺこブログ

おもちのはらぺこ日記

食べることが生きがいです。料理、外食、コストコ購入品や、夫婦で始めたキャンプについて紹介しています。

福島新潟旅行①磐梯吾妻スカイラインで絶景ドライブ!

二泊三日で福島、新潟へ旅行に行ってきました。

1日目は福島県猪苗代町に宿泊予定です。
今回は、磐梯吾妻スカイラインを通って行くことにしました。

磐梯吾妻スカイラインって?


福島市西方の高湯温泉から土湯峠を結ぶ全長28.7㎞の山岳観光道路で、絶景ドライブコースとして知られています。昔は有料だったようですが、今は無料で通行することができます。

www.env.go.jp



高湯温泉で早くも休憩

福島西ICで降り、最初の目的地「高湯温泉あったか湯」を目指します。


高湯温泉 福島|共同浴場あったか湯 日帰り温泉 日帰り入浴施設


磐梯吾妻スカイラインの入口にあります。そのため、スカイラインに入る前に、いきなり休憩となりました。


到着!

昔ながらの共同浴場という感じです。木の建物で、暖かくて懐かしい雰囲気が漂ってます。

硫黄の香りがぷんぷんするぞ!硫黄臭い温泉が好きな私にとってはいい香りです。夫は「うわぁ臭せぇ」と言ってました。素人さんですね。

入浴料は、なんと驚きの大人1名250円です。安すぎる!
男女別の露天風呂のみで、洗い場はなし。
白濁した硫黄の香りがするとても良いお湯でした。250円でこれは大満足!
大変気持ちよかったです。

体の芯から温まり、昼寝したい気持ちを押さえ、次の目的地へ向かいます。

つばくろ谷と不動沢橋と福島市と青空と。

次の目的地は、つばくろ谷。

高湯温泉のさらに先、ぐねぐねした山道を進んでいきます。運転が嫌いじゃない私は、「磐梯吾妻スカイラインを運転してみたい」と、車のハンドルを握っていました。しかし、嫌いじゃないが得意ではない。ぐねぐねした山道、恐かったです!

つばくろ谷駐車場の標識が出てくるので、駐車場に車を止めます。
なお、その手前の大型車用駐車場に間違えて入らないようにご注意を。(私は入りました。)


駐車場のすぐ目の前に、つばくろ谷と、つばくろ谷にかかる不動沢橋があります。
そして、不動沢橋の後ろには福島市が広がっています。

つばくろ谷と不動沢橋と福島市と青空のコラボレーションです!この日はちょうど天気が良くてラッキーでした。
しばらくきれいな景色をぼんやり眺めていました。
不動沢橋を通る車もきれいだなぁ・・・。

・・・もしかして、次はあの不動沢橋を通るのかな?(泣)

絶景、絶景、絶景!!!

不動沢橋、なんとか無事通りすぎました。

その後は絶景の連続です!


目の前いっぱいに広がる福島市

標高が高くなると木が少なくなり、だんだんと荒涼とした景色になってきます。


ごつごつした山と道路。


車を止めて景色を撮っていたら、バイクの方に「写真撮りましょうか?」と言っていただき、せっかくなので数年ぶりの夫婦ツーショットを撮りました。私の顔が丸く映りました。

f:id:omochi_dayo:20180624211707j:plain


頂上に近づくと、山からガスが出ているのが見えました。
「ガスが噴出しているため、車の窓は閉めてください」と看板がありました。
素朴な疑問ですが、バイクの方々は大丈夫なのでしょうか。


浄土平レストハウス

浄土平レストハウスに到着しました。

浄土平レストハウスのすぐそばに階段があり、登れるようになっています。気になるけど、まずはお昼ご飯です。


浄土平レストハウスの2階にレストランがあり、お昼はそこで食べることにしました。



私が注文した「川俣シャモそば」¥900。普通のおそばでした。


夫が注文した「会津山塩ラーメン」¥800。普通の塩ラーメンでした。



吾妻小富士へ登頂!

レストハウスから見えた階段を上ると、吾妻小富士という山の火口まで行けるみたいです。火口の周りを一周するコースだと1時間くらいかかるらしいですが、火口の入口までなら10分くらいで行けるとのことで、登ってみることにしました。

なんか、すぐ着きそう。


さぁ、登るぞ!

階段は、こんな感じ。結構足場が悪い。

でも、余裕余裕。

行ける行ける。

大丈夫大丈夫。




・・・・・・じゃなかった!!!


近いように見えて、全然近くない!

おばちゃんにはしんどい!

ひーひー言いながら、なんとか一段ずつ登りますが、体が重い。

上から夫がニヤニヤしながらこちらを見ているのが腹立たしい。

若いカップルは、彼女の後ろに彼氏が付いて一緒に登っていて、微笑ましかった。
(どうせすぐ我々みたいになるんだよ~っと。)



そして、なんとか上まで登り切りました!


ふぉ~~~~、すごい穴(火口)!!!

大きすぎて全部入りません。


空が近くて気持ちいい。浄土平って名前にふさわしい景色ですね。


吾妻小富士から見たレストハウス。これは雲で影になった時。


最後に


以上、旅行1日目の磐梯吾妻スカイラインでした。
磐梯吾妻スカイライン、正直甘く見てましたが、そこには期待を上回るすばらしい絶景がありました!
次回は「ドキドキわくわく!猪苗代の貸別荘で大BBQ大会!」の予定です。