おもちのはらぺこブログ

おもちのはらぺこ日記

食べることが生きがいです。料理、外食、コストコ購入品や、夫婦で始めたキャンプについて紹介しています。

コストコさくらどりの胸肉を使ったおろしチキンカツの作り方

こんにちは。

仙台も梅雨明けし、暑い日が続いています。こう暑いと、身体がばててしまいそうですね。

今日は、夏でもさっぱりと食べられる、お安い鶏胸肉を使ったおろしチキンカツを紹介したいと思います。

小言

みなさん、揚げ物ってやりますか?

衣をつけて揚げるって、大変そうですよね。私は長年そう思っていました。
揚げ物、ましてやエビフライやとんかつ、チキンカツなどは、ずーーーっと避けて通ってきました。

そして、ある年末に実家に帰った際、母がエビフライを作っており、

「エビフライだ嬉しいな~。衣つけて揚げなきゃいけないからフライってうちでは作らないんだよね」

と言ったところ、

「衣つけて揚げるだけでしょ。あとは味噌汁とサラダでもあればいいんだから楽だよ」

と言われました。


「衣をつけて揚げる」→「大変」 とずっと思ってましたが、

「衣をつけて揚げる」→「楽だ」 っていう考え方もあるなんて、少し衝撃でした。


そして、「あんた旦那さんにフライくらい作ってあげなさい」と、もういい大人なのに夫の目の前で注意された私です。




それでは、また注意されないように、チキンカツをちゃちゃっと作りたいと思います!



材料

約2人分の材料です。

・鶏胸肉 200gくらい
・大根 5cmくらい
・大葉 5枚くらい
・小麦粉 適量
・パン粉 適量
・卵 1個
塩麹 小さじ1
・酒  大さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・サラダ油

今回は、コストコで購入したさくらどりの胸肉を使います。

2.4kg入って価格は1,200円程度、100g当たり50円と大変安く手に入ります!小分けにして冷凍庫で保管しているものを解凍し、使用します。
このさくらどり、安いだけじゃなくて、柔らかくてとっても美味しいんです。


作り方

1.鶏胸肉を食べやすい大きさに切り、塩麹、酒、砂糖をもみこんでしばらく漬けておく。

塩麹、酒、砂糖をもみこむことで、お肉を柔らかくします。30分程置いておきました。
早く火が通るように、薄めに切ってます。


2.大根をおろし、大葉を細切りにする。
1で鶏胸肉を漬けてる間に、大根おろしを作り、大葉を細切りにします。


3.鶏胸肉を、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけ、衣をつける。

バットと菜箸を3つ用意して、右から ①小麦粉 ②溶き卵 ➂パン粉 の順につけていくとやりやすいと思います。

4.フライパンにサラダ油を熱し、鶏胸肉を揚げる。

パン粉をサラダ油に落としてみて、「ジュッ!」と音が出て、パン粉が浮いてきたら鶏胸肉を揚げます。
きつね色のいい感じの色になるまで揚げます。
揚がったら、お皿の上にキッチンペーパーを敷いてその上に取り出し、油をきります。




完成

お皿にチキンカツ、大根おろし、大葉を盛り付け、ポン酢をかけたら完成!


さくっと揚がっていて、鶏胸肉が柔らかくてとっても美味しかったです!大根おろしと大葉とポン酢で、さっぱり食べられました!
夫も美味しそうに食べていました。これでもう母に注意されることはなさそうです。


なお、この日の献立は、

・鶏胸肉のおろしチキンカツ
・水菜としらすの和え物
・えのきと玉ねぎとわかめの味噌汁
・ご飯

でした!


水菜としらすの和え物は、ニート飯さんの「水菜とじゃこの和え物」のレシピを参考にさせていただきました!

mealneet0.hatenablog.com

しらすがあったので、じゃこの代わりにしらすを投入。油揚げがパリパリで、しらすの旨味があって、すごく美味しかったです!
でも、昨日はかいわれ大根がなかったのです。次はかいわれ大根も入れたいと思います。



以上、コストコさくらどりの胸肉を使ったおろしチキンカツの作り方でした。
しっかりお肉やお魚もちゃんと食べて、暑い夏を乗り越えましょう!